1日の摂取カロリーの目安

1日の摂取カロリーの目安は?健康的に痩せるためにはどうする?

一般的な成人の1日の摂取カロリーは1800〜2200kcalと言われています。
(これはあくまでも標準的な場合です)
男性や女性、年齢や体格、またはダイエットを行っているかどうかによっても目標とする摂取カロリーは違ってきます。

 

必要な栄養分を摂るためにこれくらいの摂取カロリーが必要になるということですね。そのため栄養分が豊富な健康食品に置き換えることで摂取カロリーを抑えることができます。

 

ダイエットを行う場合、摂取カロリーは1日の消費カロリーによって違ってきます。

 

1日の消費カロリーは主に基礎代謝量と生活活動代謝量が加わったものになります。

 

基礎代謝とは?

基礎代謝とは何もしなくても消費するカロリーのことで、一般成人の場合、女性でだいたい1日1200kcal、男性は1500kcalほどと言われています。

 

この基礎代謝量に1日の運動で消費される消費カロリーを足せば1日に消費するカロリーが算出できます。

 

代謝と言っても主に3つの代謝に分けられ、

  • 基礎代謝
  • 生活活動代謝
  • 食事誘発性熱代謝

 

この3つがあり、それぞれのカロリーの消費割合は違います。
基礎代謝が全体の70%ほどを占めており、生活活動代謝が20%、食事誘発性熱代謝が10%ほどです。

 

つまり女性の場合、
一般的な人で基礎代謝が1200kcalの場合
生活活動代謝340kcal(20%)
熱代謝は170kcal(10%)
で1日合計約1700kcal消費しているといった感じですね。
(あくまでも目安です)

 

ダイエットは結局のところ、消費カロリーが摂取カロリーを上回れば痩せられるのでいかに摂取カロリーを抑えるか、または、消費カロリーを増やすかがポイントになります。

 

当サイトで紹介している食事制限ダイエットは摂取カロリーを抑えて痩せる方法ですね。

 

ただし、過度な食事制限は心身ともに健康に悪影響を及ぼす危険性があるので適度な置き換えによる食事制限がおすすめです。やりすぎないように注意しましょう。

関連ページ

なぜ太る?なぜ痩せる?ダイエットのカラクリ
なんで太る?なんで痩せる?太る痩せるのメカニズムを知ることでどうすれば痩せられるのかが見えてきます。答えは単純で痩せる方法も結局はたった2つです。
運動と食事制限どっちが痩せられる?
運動と食事制限どっちが痩せられるのか?どっちが早い?どっちが健康?そんな疑問にお答えします。
カロリーと満腹感の関係
低カロリーの食事は満腹感が得られない?カロリーと満腹感の関係、メカニズムについてまとめました。満腹感は食べ方の工夫などでも得られるため、食事に工夫を取り入れることで食事制限も簡単になります。
ダイエット失敗の原因ベスト5
ダイエットの挫折してしまう原因ベスト5を分析!ダイエットを失敗してしまう原因はどこにあるのか?意外とみんな同じ部分で挫折しているのがわかります。原因から適したダイエット方法も見えてくるかもしれません。
運動量を増やすよりも食事制限を取り入れる
運動量を増やせば痩せやすくなるのか?この問いに関しては運動によるリスク「食欲の増加」も考えるべきです。消費カロリーは上がるので痩せやすくはなりますが、それだけではありません。運動量を増やす以外のアプローチもあるのでチェックしていきましょう。
 
食事制限は実は大変 ダイエット失敗の原因ベスト5 日常生活に簡単な運動を