置き換えダイエット 食事制限

置き換えダイエットとは?

置き換えダイエットとは、1日3食のうちの1〜2食をダイエット食品など栄養素が高く低カロリーのものに置き換える方法のことで、1日あたりの摂取カロリーを減らして痩せることを目的としたダイエット方法です。食事を適度に制限して痩せる方法とも言えます。

 

結局のところダイエットは「消費カロリーと摂取カロリー」の戦いです。1日の摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにしていけば自然と痩せていくことができるものです。

 

1日の摂取カロリーの目安

 

置き換えダイエットのメリット

置き換えによる食事制限ダイエットは、朝食や昼食、または夕食などを1食丸々抜いて極端にカロリー摂取量を減らすのではなく、栄養バランスを考えながら低カロリーのものに食事を置き換えます。

 

この方法は、量は少なくてもしっかり食べることができるため、堪え難い空腹感を味わうことも少なく精神的にも身体的にも健康的で楽です。

 

極端な食事制限は空腹からイライラしたり、集中力の低下が起こりがちです。そういう意味でも仕事や勉強などに支障が出にくいのは良い点です。

 

何より、運動でカロリー消費するのと比べ、摂取カロリーを抑えるだけなので、簡単で効果が出やすく、誰にでも取り組みやすいのが一番のメリットです。

 

何に置き換えるのか?

置き換えダイエットが成功するか否かは「普段摂取している食品を何に置き換えるのか」が鍵になります。
自分に向いている食品を選ぶことも置き換えダイエットを成功させるための大切な要素です。

 

栄養素の高くて低カロリーの物を選びましょう

置き換えダイエットは食事制限によるダイエットですが、問題は「どうやって食事を制限するのか」ですよね。

 

置き換える食品は必要な栄養分がしっかりと含まれている物など、体に負担をかけないものを選ぶことが大切です。

 

誤った方法で実践してしまうと、栄養不足により、便秘や肌荒れなどの健康被害を引き起こすこともあるので注意が必要です。痩せても不健康な状態、肌がボロボロ・・・では嫌ですよね。

 

とはいえ、何に置き換えるのか?

 

きちんと必要最低限の栄養バランスを考え、毎日必要な量だけ調理するのは骨が折れます。これをやり出すと大概挫折します。
何を隠そう私がそうだったので・・・。面倒くさくなってしまうんですよね。

 

ダイエット食品など健康食品を使う

そこでおすすめなのがダイエット食品などの健康食品です。

 

これらの健康食品は1食あたり100〜200kcalと低カロリーで満腹感が得られるものが多いです。(現在では置き換え用の食品としてダイエット食品が数多く販売されています。)

 

それらの中から各商品の成分をよくチェックし、ダイエット時に不足がちになるビタミンやミネラル、鉄分だけでなく、食欲や吸収を抑制する成分が含まれているのを選ぶのがおすすめです。

 

置き換えダイエットは断食などと違い、食べないわけではないので空腹感を防げますが、いくら置き換え用のダイエット食品で栄養を気に付けても他の食事で偏食していては成功はありません。

 

置き換える食事だけでなく、他の食事にも気を使い間食や暴飲暴食はしないようにカロリーとともに自分自身もコントロールしていきましょう。

関連ページ

食事制限ダイエットの効果
食事制限によるダイエットの効果は?本当に痩せられるのか?メリットやデメリットについて紹介しています。
食事置き換えのタイミング
食事制限でダイエットをする際の置き換えのタイミングは「朝・昼・夕」どれが1番いいのか?効果と続けやすさの視点から考えてみましょう♪
断食(食べないダイエット)は危険?
断食や絶食などいわゆる食べないダイエットを行うときは専門家の指導のもと行うのが安心安全な方法です。知識のないままの自己流の断食は健康や美容に悪影響が出る場合もあるので注意して行いましょう。
食事制限ダイエットはやめると太る?
「食事制限で痩せると食事制限をやめた途端に太る」これはよく言われることですが正確ではありません。むしろやめたら太りやすいのは運動の方だとも言えると思います。その辺りについてみてみましょう。
 
食事制限は実は大変 ダイエット失敗の原因ベスト5 日常生活に簡単な運動を